表面科学技術研究会 2009

― 進化する太陽電池とトータルエコロジー               −省資源・環境・代替− ―

主催: 日本表面科学会関西支部、表面技術協会関西支部 共催: (予定含む)応用物理学会, 神戸大学研究基盤センター 協賛(予定含む):日本物理学会, 電子情報通信学会, 日本分析化学会, 日本質量分析学会, 日本分光学会, 電気化学会,日本真空協会, 電気学会, 日本金属学会, 日本材料科学会, 日本化学会, 軽金属学会, 日本放射光学会, 触媒学会, 化学工学会, 日本顕微鏡学会, 日本トライポロジー学会, 日本機械学会関西支部, 高分子学会, 石油学会, 日本油化学会, ゼオライト学会, 日本材料学会関西支部, 粉体工学会, 日本鉄鋼協会, 腐食防食協会, 低温工学協会, 日本真空工業会,日本セラミックス協会, 兵庫工業会, 新産業創造研究機構, ひょうご科学技術協会 日 時:2009年1月21日(水曜日) 13:00 〜 17:30 場 所:神戸大学百年記念館(神大会館)(神戸市)(申し込み多数のため会場変更となりました) 定 員:150名 参加費:無料 内 容:  太陽電池は、太陽からの光エネルギーを直接電気に変え、従来の化石燃料のように燃 焼によって二酸化炭素を 排出しないため、地球環境問題の視点からも必要性が高まっています。また、従来の送電システム等のインフラ 整備を必要としない独立性から、新たな生活環境を提供するエネルギー源としても期待されています。一方で、 太陽光発電のペイバックタイム(投入したエネルギーを発電によって回収するまでの時間)は太陽電 池が地球を 救う切り札になるか、といった不安も聞かれます。本研究会では、このような状況にあります太陽電池の新たな 展開に関してご紹介頂くよう企画いたしました。太陽電池関連研究者・技術者の方をはじめ、多くの方々の参加 をお待ちしております。 講演プログラム: 開会の挨拶                     日本表面科学会関西支部支部長)大門 寛 1. <基調>太陽電池研究開発の現状    (産総研) 松原浩司  2. 酸化物半導体薄膜太陽電池               (豊橋技科大)伊崎昌伸 3. 有機薄膜太陽電池の現状と将来 (分子科学研究所)平本昌宏          4. 転換期を迎えたCIGS太陽電池−その特長と最新動向-     (青山学院大)中田時夫             5. 薄膜シリコン太陽電池の現状と高性能化            (カネカ) 野村卓司  閉会の挨拶                (表面技術協会関西支部支部長) 横井昌幸 申込先(問い合わせ先):日本表面科学会関西支部幹事 岡山理科大学 理学部 米田 稔(〒700-0005 岡山市理大町1−1) Tel/Fax: 086-256-9402 E-mail: yoneta@dap.ous.ac.jp 申し込み締切り: 2009年1月14日(水) 申し込み方法: http://www.sssj.org/Kansai/goudou090121.html でのONLINE申し込みを推奨します。 会場案内:神戸大学百年記念館(神大会館) 〒657-8501神戸市灘区六甲台町1-1(TEL078-803-5298) アクセスマップ http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/index.htm ・ 阪急電車六甲駅,JR六甲道駅,又は阪神電車御影駅から市バス36系統「神大文理農学部前」下車 ・ 新幹線「新神戸」駅からタクシーで約15分

ホームページからのonline お申し込みはここから
(1) 氏 名(ふりがな)
(2) 所 属       
(3) 連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記)
              
        TEL/FAX
    E-mailアドレス(半角)
(4)参加区分(日本表面科学会、表面技術協会、その他)
*本申込書に記載していただいたアドレスを表面科学会からのご案内などに使わせていただくことをご了承下さい。
 もし、ご案内が不要の方はお手数ですが、下記にその旨お申し出下さい。

               
  必要事項を書き込みましたら送信ボタンをクリックして下さい。受信の画面が出れば受付完了です。
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。