日本真空協会関西支部&日本表面科学会関西支部合同セミナー2009

埋蔵金を掘り起こす
       −資源・エネルギーのリサイクルとエコロジー−

主催 日本真空協会関西支部, 日本表面科学会関西支部
共催 神戸大学研究基盤センター
協賛(依頼中を含む)  
応用物理学会, 日本化学会, 触媒学会, 日本物理学会, 日本分析化学会, 電気化学会, 表面技術協会, 電気学会, 
日本分光学会,日本質量分析学会, 日本放射光学会, 日本材料科学会, 化学工学会, 日本顕微鏡学会, 日本材料学会, 
電子情報通信学会, 環境資源工学会, 環境科学会, 軽金属学会, 資源・素材学会, 日本エネルギー学会, 粉体工学会, 
日本分析機器工業会,高分子学会, 日本金属学会, 日本真空工業会, 日本油化学会, 日本オプトメカトロニクス協会, 
日本塗装工業会,石油学会, 腐食防食協会, 光産業技術振興協会, 日本セラミックス協会,兵庫工業会, 低温工学協会, 
日本ファインセラミックス協会,応用物理学会関西支部,ひょうご科学技術協会, 日本機械学会関西支部

『日本は資源大国』と言われ始めています.これまで,資源小国と言われ続け,資源輸入に頼ってきました.
その遺産として,金,銀,白金などの貴金属やレアメタルなどが都市部に形を変えて眠っており,金などの
日本の潜在的保有量は全世界埋蔵量の1割を超しているとの試算もあります.都市部にゴミとして廃棄され
ている携帯電話,PCなどの電子機器に含まれる有用な資源のリサイクルが再評価され始めています.また,
バイオマス利用によるエネルギーや資源の再生産,炭素循環システム構築によるエネルギーのリサイクルな
ど,地球に優しく,持続可能な開発に基づいた循環型社会の構築が,強く望まれています.本セミナーは,
資源・エネルギーのリサイクルとエコロジーに焦点をあて,資源化技術開発,エネルギー回収・低環境負荷
技術開発における最前線を紹介します。

日  時:2009年7月3日(金曜日)  13:00 〜 17:10
場  所:神戸大学百年記念館 六甲ホール 〒657-8501神戸市灘区六甲台町1-1
参加費:無料
定 員:200名

講演プログラム
開会の挨拶                    日本表面科学会関西支部支部長 大門 寛
1.資源と環境を考慮した元素戦略と都市鉱山         物質・材料研究機構 原田 幸明
2.金属資源循環システム構築とその技術開発              東北大学 中村 崇
3.微生物機能を活用する有用金属の回収、リサイクル        大阪府立大学 小西 康裕
   (休憩)
4.持続型炭素循環に向けた地下微生物による枯渇油田の再生   国際石油開発帝石 前田 治男
5.バイオマス資源からの燃料・化学品生産に向けた技術開発       神戸大学 近藤 昭彦
閉会の挨拶                     日本真空協会関西支部支部長 杉野 隆
神戸大学研究基盤センター紹介            神戸大学研究基盤センター長 太田 仁

見学会:神戸大学研究基盤センター機器分析部門(17:15 〜 )

申し込み締切り: 平成21年6月29日(月)

申し込み方法: http://www.sssj.org/Kansai/goudou090703.html でのONLINE申し込み推奨
電子メール,FAX,または官製ハガキによる場合は以下を記して下さい.
(1)「2009合同セミナー申込み」
(2)氏名(ふりがな)
(3)連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記),Tel,Fax,電子メール)
(4)参加区分(日本真空協会会員,日本表面科学会会員,その他の別)
神戸大学研究基盤センター機器分析部門の見学は,当日受付します.

問い合わせ先 本件担当:日本真空協会・日本表面科学会 両関西支部幹事
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘8−1 大阪大学産業科学研究所 長谷川 繁彦
Tel:06-6879-8407 Fax:06-6879-8409 E-mail:hasegawa@sanken.osaka-u.ac.jp

会場の案内:神戸大学百年記念館 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 電話 078-803-5298
  アクセスマップ http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/bun-ri-nou.htm
 阪急電車「六甲」駅,JR西日本「六甲道」駅又は阪神電車「御影」駅から市バス36系統「鶴甲団地」行
に乗車「神大文理農学部前」下車. 新幹線「新神戸」駅からタクシーで約15分.

ホームページからのonline お申し込みはここから
(1) 氏 名(ふりがな)
(2) 所 属       
(3) 連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記)
              
        TEL/FAX
    E-mailアドレス(半角)
(4)参加区分(日本表面科学会会員,日本真空協会,その他の別)
*本申込書に記載していただいたアドレスを表面科学会からのご案内などに使わせていただくことをご了承下さい。
 もし、ご案内が不要の方はお手数ですが、下記にその旨お申し出下さい。

               
  必要事項を書き込みましたら送信ボタンをクリックして下さい。受信の画面が出れば受付完了です。
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。