日本真空学会関西支部&日本表面科学会関西支部合同セミナー2016

生分解性高分子の基礎と応用 -近未来のすがた-

主催 (公社)日本表面科学会関西支部、(一社)日本真空学会関西支部、京都大学大学院工学研究科
協賛(予定) 応用物理学会、日本物理学会、電気学会、日本化学会、日本金属学会、電気化学会、化学工学会、
軽金属学会、日本エネルギー学会、資源・素材学会、日本材料学会関西支部、日本複合材料学会、無機マテリアル学会、
自動車技術会、日本機械学会、日本分析化学会、日本放射光学会、応用物理学会関西支部、日本セラミックス協会、
日本ファインセラミックス協会、日本結晶学会、日本結晶成長学会、日本高分子学会、日本液晶学会

 今やエネルギー・環境問題に対する関心は空前の高まりをみせていると言っても過言ではありません。製造に際しては
化石燃料への依存度を減らし、使用後は環境に過負荷を与えることなく分解・再利用することが可能な生分解性高分子は
我々の文明が抱えている問題のひとつの解決策ではないでしょうか。一方で、電子デバイスへの応用や繊維の細線化に伴
って高分子表面領域の構造制御と新規物性の開拓と言った課題がこれまでにない勢いでソフトマター研究者の関心を集め
つつあり、表面・真空分野との間隔はかつて無いほどに接近しております。今回、生分解性高分子研究の現状から将来展
望まで第一線でご活躍の専門家の方々に解説して頂きます。ソフトマターを専門とされる方はもちろんのこと、様々な分
野の研究者・技術者・学生・一般の方にも参考になる内容です。ご参加をお待ち致しております。

日  時:2016年7月4日(月曜日)  13:15 ~ 17:00
場  所:京都大学 桂キャンパス 桂ホール〒615-8530 京都市西京区京都大学桂 Bクラスター
参加費:無料(テキスト代実費)
定 員:200名

講演プログラム

開会の挨拶                        (公社)日本表面科学会・関西支部長 松本卓也

1.生分解性バイオポリエステルの高性能化を見ることから考える		東京大学 岩田 忠久

2.生分解性材料の分解性制御と環境中での生分解		   産業技術総合研究所 中山 敦好

3.表面改質セルロースナノファイバーの基礎と応用			東京大学 齋藤 継之

4.環境調和型高分子の表面・界面制御と機能発現				神戸大学 西野 孝

閉会の挨拶                      (一社)日本真空学会・関西支部長  川上 養一

テキスト:
日本真空学会会員、日本表面科学会会員には無料配布
その他の方で希望される方には実費で頒布(2000円)

申し込み締切り: 平成28年7月3日(日)

申し込み方法: ここをクリックしてONLINE申し込み推奨

電子メール,または官製ハガキによる場合は以下を記して問い合わせ先へお申し込み下さい.
(1)「2016同セミナー申込み」
(2)氏名(ふりがな)
(3)連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記),Tel,Fax,電子メール)
(4)参加区分(日本真空学会会員,日本表面科学会会員,その他の別)

問い合わせ先(担当幹事): 高橋功(〒669-1337三田市学園2-1 関西学院大学理工学部)
				Tel:079-565-9722 E-mail:z96019@kwansei.ac.jp

会場の案内: 〒615-8530  京都市西京区京都大学桂Bクラスター 事務管理棟 1F
			キャンパスマップ http://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja/access/katsura
			阪急電車 桂駅よりバスで所要時間約12分,桂駅西口より約10分に1本 
			JR桂川駅より.バスで所要時間約20分,桂川駅前より約30分に1本
			「京大桂キャンパス前」下車


ホームページからのonline お申し込みはここから
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。