表面科学技術研究会 2016

生きている固体と液体の界面  ~走査型プローブ顕微鏡で探る~

主催: (公社)日本表面科学会関西支部、(一社)表面技術協会関西支部、神戸大学研究基盤センター 協賛: 日本物理学会,応用物理学会関西支部,日本化学会,日本光学会,光化学協会,電気学会,日本材料学会,       日本真空学会,日本結晶成長学会, 電子情報通信学会,電気化学会関西支部,日本セラミックス協会,       日本金属学会,日本材料科学会,日本分析化学会, 精密工学会, 触媒学会,化学工学会, 電気学会関西支部,       電気鍍金研究会, 日本顕微鏡学会,日本機械学会, 高分子学会,日本分析器工業会, 日本トライボロジー学会,腐食防食協会,       日本バイオイメージング学会, 日本生体医工学会, ナノ学会, 日本生物物理学会(以上、予定含む) 日 時:2016年1月21日(木曜日) 13:00 ~ 17:30 場 所:神戸大学 百年記念館 (神戸市) 定 員:150名 参加費:無料 内 容:  固体と液体の界面では様々な営みが起きています。原子・電子・分子が移動し情報を交換し、まるで生き物のように振る舞っています。 電池をはじめ様々な化学分野や生物分野で、この個体と液体の界面が重要な機能を果たしています。ところが、界面や表面の現象を明ら かにする多様な観測・分析手段も、液体/固液界面となると困難なことが多く、なかなか解明が進んでいなかった現実があります。  走査型トンネル顕微鏡(STM:Scanning Tunneling Microscope)や原子間力顕微鏡(AFM:Atomic Force Microscope)に代表される、 走査型プローブ顕微鏡法(SPM:Scanning Probe Microscopy)は、原子スケールの優れた分解能の観察・解析手法であり、近年、液中 動作が可能なAFMは急速な発展を遂げて、固液界面の真相を明らかにする有力な手法となってきています。本研究会では、最先端のSPM 技術による固液界面計測の現状や今後の展望について、各分野でご活躍されている方々にご講演いただきます。関連研究者・技術者の 方をはじめ、多くの方々の参加をお待ちしております。 講演プログラム: 開会の挨拶           大西 洋(日本表面科学会関西支部支部長) 1. 高分解能・高機能原子間力顕微鏡開発の歴史~固液界面の解明を目指して~ 森田 清三(大阪大学) 2. 高分解能走査型プローブ顕微鏡(HR-SPM)の開発と固液界面計測への応用 粉川 良平(島津製作所)    3. 高速原子間力顕微鏡で探る生体分子の機能ダイナミクス 内橋 貴之(金沢大学) 4. 走査型プローブ顕微鏡を用いたナノマニピュレーションと液中環境への応用 岩田 太 (静岡大学) 閉会の挨拶           平藤 哲司 (表面技術協会関西支部支部長) テキスト:    日本表面科学会会員及び表面技術協会会員には無料配布    その他一般の方で希望される方には実費で頒布(2000円) 申し込み締切り: 2016年1月15日(金) 申し込み方法: http://www.sssj.org/Kansai/goudou16121.html でのONLINE申し込みを推奨します。 問い合わせ先: 日本表面科学会関西支部幹事 大田昌弘 (株)島津製作所 分析計測事業部 X線/表面ビジネスユニット 〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1 Tel/Fax: 075-823-1092/075-823-4614 E-mail: mota@shimadzu.co.jp 会場案内:神戸大学百年記念館(神大会館)六甲ホール(〒657-0013 神戸市灘区六甲台町1-1)TEL078-881-1212(代表)      アクセスマップ http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html      ・徒歩:阪急「六甲」駅から約15~20分.      バス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から神戸市バス36系統鶴甲団地行、鶴甲2丁目止まり行き乗車「神大文理農学部前」下車。      新幹線「新神戸」駅からタクシーで約15分。

ホームページからのonline お申し込みはここから
(1) 氏 名(ふりがな)
(2) 所 属       
(3) 連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記)
              
        TEL/FAX
    E-mailアドレス(半角)
(4)参加区分(日本表面科学会、表面技術協会、その他)
(5)本研究会・セミナーをどのようにしてお知りになりましたか?○日本表面科学会、表面技術協会、他の学協会
 からの案内【差し支えなければ学協会名、及び媒体(E-mail、WEB、会誌など)をご記入下さい】○人からの紹介
 ○WEB検索○その他:
*本申込書に記載していただいたアドレスを表面科学会からのご案内などに使わせていただくことをご了承下さい。
 もし、ご案内が不要の方はお手数ですが、上記(5)にその旨お書き加え下さい。


  必要事項を書き込みましたら送信ボタンをクリックして下さい。受信の画面が出れば受付完了です。
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。