表面科学技術研究会 2018

ナノ粒子を取り巻く現状と今後の展望  ~ナノ粒子応用への期待とリスク~

主催: (公社)日本表面科学会関西支部、(一社)表面技術協会関西支部 協賛: 日本物理学会,応用物理学会関西支部,日本化学会,電気化学会, 光化学協会、日本材料学会関西支部, 日本真空学会, 電子情報通信学会,電気化学会関西支部,日本顕微鏡学会,日本セラミックス協会,日本金属学会, 日本材料科学会,日本分析化学会, 精密工学会, 触媒学会, 電気学会関西支部, 電気鍍金研究会, 日本機械学会, 高分子学会,日本表面処理機材工業会, 腐食防食協会,ナノ学会(以上、予定含む) 日 時:2018年1月19日(金曜日) 13:00 ~ 17:30 場 所:島津製作所 京都本社 (京都市) 定 員:150名 参加費:無料 テキスト:    日本表面科学会会員及び表面技術協会会員には無料配布    その他一般の方で希望される方には実費で頒布(2000円) 内 容: “ナノ”は単なる単位を示す意味を超えて、未来を創造する革新的な材料・プロセス・解析技術を連想させる言葉として、 広く認知されるようになっています。分子・原子レベルの素材や構造制御が身近な商品に応用され始めるとともに、最先 端の高度解析技術により“ナノ“の世界への理解が急速に進んでいます。中でも、ナノ粒子は、”ナノ”時代を象徴する 素材であり、バルクと異なる特有の物性を発現することから、新たな素材、プロセス、機能が相次いで報告されています。 一方で、カーボンナノチューブに暴露した動物で肺への悪影響が報告されたことをきっかけに、ナノ粒子の人体への影響 を懸念する声があがり、厚生労働省や経済産業省を中心に健康リスクについての調査が開始されています。 本研究会では、最新の研究動向に加えて期待とリスクを両面で取り上げ、ナノ粒子の今後の展望について、各分野でご活 躍されている方々にご講演いただきます。関連研究者・技術者の方をはじめ、多くの方々の参加をお待ちしております。 講演プログラム: 開会の挨拶    松本 卓也   (日本表面科学会 関西支部支部長) 1.ナノ粒子の光誘導集積技術の開発とバイオ分析・環境計測応用 飯田琢也・床波志保(大阪府立大学) 2.新規な結晶構造を有する金属ナノ粒子の合成とその触媒特性 草田 康平    (京都大学) 3.機能性ナノ粒子の合成・分散・構造化 荻  崇     (広島大学) 4.ナノ粒子の毒性の考え方と安全性評価 平野 靖史郎    (国立環境研究所) 閉会の挨拶    杉村 博之   (表面技術協会 関西支部支部長) 申し込み締切り: 2018年1月18日(水) 申し込み方法: http://www.sssj.org/Kansai/goudou18119.html でのONLINE申し込みを推奨します。 問い合わせ先: 日本表面科学会関西支部幹事 表 篤志 パナソニック(株) 先端研究本部 材料デバイス研究室 〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台3-4 Tel: 0774-98-2538 FAX: 0774-98-2585 E-mail: omote.atsushi@jp.panasonic.com 会場案内:〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1     アクセスマップ  http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/sanjo.html 地下鉄東西線 西大路御池駅 4番出口より 南へ徒歩3分 阪急京都線 西院駅より 北へ徒歩10分


ホームページからのonline お申し込みはここから 
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。