表面科学技術研究会 2020

トライボロジーの最前線  -ナノトライボロジーその場計測-

主催: (公社)日本表面真空学会関西支部、(一社)表面技術協会関西支部 共催: 地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 協賛: 化学工学会、高分子学会、精密工学会、日本化学会、日本機械学会、電気化学会、日本金属学会、     電気化学会関西支部、日本顕微鏡学会、日本材料科学会、日本材料学会関西支部、日本物理学会、     日本セラミックス協会、日本表面処理機材工業会、日本分析機器工業会、軽金属学会、応用物理学会、     応用物理学会関西支部、電気鍍金研究会、日本トライボロジー学会     (以上、予定を含む) 日 時:2020年1月17日(金曜日) 13:00 ~ 17:25 場 所:地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 森之宮センター 大講堂 (大阪市) 定 員:100名 参加費:無料 テキスト:    表面技術協会会員及び日本表面真空学会会員には無料配布    その他一般の方で希望される方には実費で頒布(2000円) 内 容:  トライボロジーとは、相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう二つの表面の間におこるすべての現象を対象とする 科学と技術です。トライボロジーはあらゆる機械装置の基盤技術であり、その応用は、輸送機、石油化学、工作機械、 ベアリング、ハードディスクなど、幅広い分野に関係しています。潤滑剤の改良や固体側表面の改質の研究は、従来は 経験的に行われてきましたが、ますます高まる低損失・省エネルギー志向のもと、微視的な現象を系統的に把握する必 要に迫られています。近年の科学技術の発展により、潤滑・摩擦・摩耗現象のメカニズムについて、極めて高い分解能 で表面特性を評価できるだけでなく、計算科学的な手法による研究も可能になってきました。  本研究会では、トライボロジー分野で活躍されている方々にご講演いただきます。関連研究者・技術者の方をはじめ、 多くの方々の参加をお待ちしております。 講演プログラム: 開会の挨拶         節原 裕一 (表面技術協会 関西支部 支部長) 1. 基調講演 固液界面分析に基づくトライボロジー現象の理解と応用 平山 朋子 (京都大学) 2. 鉄鋼材料における強ひずみ加工・熱処理による組織制御に基づく低摩擦係数化 戸高 義一 (豊橋技術科学大学) 3. 金属/アルカン界面に形成する有機酸吸着層を介したエネルギー散逸過程の水晶振動子アドミッタンス解析 久田 研次 (福井大学) 4. サブミクロン~ナノ動的間隙のその場精細計測 副島 啓義 (応用科学研究所) 閉会の挨拶 鈴木 基史 (日本表面真空学会 関西支部 支部長) 申し込み締切り: 2020年1月10日(金) 申し込み方法: http://www.sssj.org/Kansai/goudou20117.html でのONLINE申し込みを推奨します。 問い合わせ先:(一社)表面技術協会 関西支部 事務局 (担当:石川・森) 〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15番地          電話番号:075-781-1107 FAX番号:075-791-7659 E-mail: kansai-office@sfj.or.jp 会場案内:地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 森之宮センター 〒536-8553 大阪市城東区森之宮1-6-50 アクセスマップ  www.omtri.or.jp/map/ JR大阪環状線(北口)またはOsakaMetro中央線・長堀鶴見緑地線森ノ宮駅(4番出口)下車。 中央大通を東に約350m(徒歩約5分)、「森ノ宮公団住宅前」を左折し北に約350m(徒歩約5分)。


ホームページからのonline お申し込みはここから 
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。