平成29年度関西支部セミナー

イオンビームによる物性研究の新展開

主催: (公社)日本表面科学会関西支部 共催: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 協賛: 応用物理学会,日本物理学会、日本真空学会、(以上、予定含む) 内 容:  加速したイオンを試料に入射し散乱イオンや反跳イオンを検出することで元素組成や原子配列、深さ分析、絶対量の定量を行うことが可能です。 また、検出器の改良や最適な入射イオンのエネルギーを選別することでバルクだけでなく表面の情報も得ることができます。 本セミナーでは、一線で活躍されている先生方をお招きし、研究成果や将来展望について議論できるよう企画いたしました。 多くの方の積極的な参加をお待ちしています。 1. 日 時:2018年2月9日(金) 2. 場 所:産業技術総合研究所 関西センター 3. プログラム:  14:00-14:10 開会の挨拶           松本 卓也(日本表面科学会関西支部支部長)  14:10-15:00 アルカリハライド表面の電子刺激脱離に対するイオン散乱法による測定           鈴木 康文(大阪教育大学)  15:00-15:50 イオン散乱による薄膜・表面の深さ方向定量分析           星野 靖(神奈川大学) (休憩 15:50-16:00)  16:00-16:50 イオンビーム分析の産業利用の最前線           小北 哲也(コベルコ科研) 4. 参加費:無料 5.申込方法:以下のいずれかの方法でお申し込み下さい。         (1)本WebでのONLINE申込(推奨)         (2)E-mail申込(次の項目を記入し、下記の申込先へお申込みください)            1)「平成29年度関西支部セミナー」            2)氏名(ふりがな)            3)勤務先、 所属            4)連絡先 TEL/FAX/E-mailアドレス 6. 申込先: 日本表面科学会関西支部 関西支部セミナー担当 立命館大学 理工学部 物理科学科 光原 圭 〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1 TEL:077-561-2723 FAX:077-561-2657 E-MAIL:k-mitsu @(@以下はse.ritsumei.ac.jp) 7. 申し込み締切り: 2018年2月8日(木)(当日参加も可能です) 8.会場案内:産総研関西センター 基礎融合材料実験棟2F第8会議室        〒563-8577大阪府池田市緑丘1-8-31        阪急池田駅下車徒歩15分        http://unit.aist.go.jp/kansai/access.html  産総研関西センター地図

ホームページからのonline お申し込みはここから
(1) 氏 名(ふりがな)
(2) 所 属       
(3) 連絡先(勤務先または自宅住所(〒付記)
              
        TEL/FAX
    E-mailアドレス(半角)
(4)参加区分(日本表面科学会、その他)
(5)本研究会・セミナーをどのようにしてお知りになりましたか?○日本表面科学会、他の学協会
 からの案内【差し支えなければ学協会名、及び媒体(E-mail、WEB、会誌など)をご記入下さい】○人からの紹介
 ○WEB検索○その他:
*本申込書に記載していただいたアドレスを表面科学会からのご案内などに使わせていただくことをご了承下さい。
 もし、ご案内が不要の方はお手数ですが、上記(5)にその旨お書き加え下さい。


  必要事項を書き込みましたら送信ボタンをクリックして下さい。受信の画面が出れば受付完了です。
Q. 送信後「Referer: 情報がないので呼び出し元を特定できません」と表示される場合、
ファイアウォール関連のソフトウェアがインストールされている時にはその設定を一時解除して頂くと、このエラーを回避できます。