当学会の5つの研究部会は、本講演大会会期中、それぞれ下記テーマで研究部会セッションを企画しております。
このうち放射光表面科学部会を除くすべての部会で、部会企画の講演以外に、一般ご講演者の皆様にご講演いただくことを希望しております。部会セッションでのご講演を希望される方は,講演申し込みの際に、備考欄にその旨ご記入下さい。
また一般講演枠でご講演を希望された方のうち、テーマによっては部会セッションでのご講演をお願いする場合もございますこと、部会セッションでの講演のご希望が多い場合には,一般セッションでのご講演となることもございますことをお含み置きください。

>>> 電極表面科学部会セッション
>>> 放射光表面科学部会セッション
>>> 触媒表面科学部会セッション
>>> ソフトナノテクノロジー部会セッション
>>> 表面分析部会セッション



電極表面科学部会セッション
「固液界面における原子・分子レベルでの構造制御と機能」

日時:10月27日(火)13:30〜16:30,10月28日(水)9:00〜11:45
会場:B会場(2F平安)

  講演タイトル 所属・講演者
(27日 13:30〜14:30)
1B23 趣旨説明 (1)北大理)○魚崎浩平1)
1B24 Nanostructure Assemblies for Light Energy Conversion (1)ノートルダム大)○Kamat□Prashant 1)
1B26 TiO2上での光水分解反応の表面構造依存性と反応過程で生じる表面吸着種の観測 (1)阪大基礎工、2)JST-CREST)○辻悦司1)2),今西哲士1)2),福井賢一1)
(27日 14:30〜15:30)
1B27 固液界面での極限材料創成:ナノから実材料へのアプローチ (1)東北大)○板谷謹悟1)
1B29 白金触媒を用いたHF 溶液中でのSiC 表面の超平坦化 (1)阪大院工)○有馬健太1),原英之1),村田順二1),佐野泰久1),三村秀和1),山内和人1)
1B30 金単結晶上に形成させた白金超薄膜の共鳴表面X線散乱法による構造解析 (1)お茶大院人間文化、2)北大院理)○近藤敏啓1),柴田昌代1),福満仁志2)増田卓也2),魚崎浩平2)
(27日 15:30〜16:30)
1B31 粒径,組成の精密制御による高活性,高耐久性ナノ電極触媒の開発 (1)山梨大燃料電池ナノ材料セ)○渡辺政廣1)
1B33 単結晶基板上への2次元ナノテンプレートの作製 (1)熊大院先導機構)○吉本惣一郎1)

  講演タイトル 所属・講演者
(28日 9:00〜9:45)
2B01 第一原理シミュレーションから予測される白金電極上の水構造の電位依存性 (1)産総研計算科学)○池庄司民夫1),大谷実1)
2B03 水素発生反応および酸素還元反応のクラスターモデルDFT 計算:電極金属間の比較 (1)京工繊大、2)長崎総科大)○小林久芳1),中薗智哉1),三浦俊子1),竹内信行1),山邊時雄2)
(28日 9:45〜10:45)
2B04 メソ細孔内に三相界面を構築したナノリアクターアレイの創製 (1)産総研FC-Cubic)○八木一三1)
2B06 和周波発生分光法によるNafion/水蒸気界面水の構造評価 (1)北大院理、2)トヨタ自動車、3)物材機構MANA)○野口秀典1),種田憲人1),簔輪寛1),猶原秀夫2),魚崎浩平1)3)
2B07 LiCoO2 電極溶液界面における分子構造のその場研究 (1)北大触媒、2)東北大多元研)○叶深1),劉輝金1),仝玉進1),大澤雅俊1),桑田直明2),河村純一2)
(28日 10:45〜11:45)
2B08 ギャップモード増強ラマン分光法の金および白金単結晶電極表面への適用 (1)北大院理)○池田勝佳1)
2B10 新規な光学干渉顕微鏡を用いたAu(111)電極の原子レベルによるLayer-by-Layer 溶解プロセスのその場観察 (1)東北大WPI、2)東北大工)○文鋭1),吉田浩二2),爲谷伊佐央2),青木洋人2),板谷謹悟1)2)
2B11 固液界面に構築したナノ空間での分子拡散性操作 (1)北大院理)並河英紀1),瀧本麦1),○村越敬1)

 


放射光表面科学部会セッション
「高輝度放射光ビームラインが拓く表面研究」

日時:10月28日(水)9:00〜12:00
会場:
A会場(2F瑞雲)

  講演タイトル 所属・講演者
2A01 東大放射光アウトステーションとナノ界面科学の研究展開 (1)東大工)○尾嶋正治1)
2A03 高輝度放射光による遷移金属モノシリサイドの光電子分光スペクトル (1)東大物性研)○柿崎明人1)
2A05 放射光STM によるナノサイズ元素識別イメージング (1)広大放射光セ)○奥田太一1)
2A07 SiC(0001)上の結晶性絶縁超薄膜の界面構造と電子状態 (1)東京大物性研)○白澤徹郎1)
2A09 硬X 線光電子分光による3 次元化学状態分析 (1)物材機構)○小畠雅明1)
2A11 表面吸着による分子の磁気異方性変化:Cu(110)表 面上の鉄(11)フタロシアニン分子 (1)東大新領域、2)理研)○塚原規志1),伊藤彩夏1),酒井真利1),能登健一1),白木将1),高木紀明1),川合眞紀1)2)

 


触媒表面科学部会セッション
「走査プローブを活用した触媒表面科学」

日時:10月29日(木)9:00〜12:00
会場:
H会場(5F小ホール)

  講演タイトル 所属・講演者
(9:00〜10:00)
3H01 TiO2 (110)表面上サイズ選別Pt クラスタのSTM 観察 (1)豊田中研、2)トヨタ自動車、3)豊田工大)○磯村典武1)2),呉行陽2),渡邊佳英1),吉村雅満3)
3H02 銀ナノ微粒子シートを用いた光触媒活性の評価 (1)東北大通研、2)仙台電波高専)○中田武志1),小原大輝1),今津圭介1),クレイグビンセント1),木村康男1),庭野道夫1),関成之2),羽賀浩一2),玉田薫1)
3H03 ウェット法によるAu11 ナノクラスターのTiO2 (110)表面への担持と偏光全反射蛍光XAFS による構造評価 (1)北大CRC、2)北大院工、3)ICU、4)PF IMSS)○高草木達1),宮崎晃太郎2),和田敬浩2),野島大孝2),角山寛規1),佃達哉1),田旺帝3),野村昌治4),朝倉清高1)
3H04S 液中動作原子間力顕微鏡を用いた金属酸化物-水溶液界面の解析 (1)神戸大院理、2)(株)島津製作所、3)JST-先端計測、4)京大院工、5)京大ICC)○日浅巧1),木村建次郎1),大西洋1),大田昌弘2),渡邊一之2),粉川良平1)2)3),大藪範昭3)4),小林圭5),山田啓文4)
(10:00〜12:00)
3H05 担持金属触媒モデル表面のナノスケール電荷分布解析 (1)北陸先端大)○笹原亮1)
3H08 非接触原子間力顕微鏡と放射光X 線による触媒表面のナノ化学分析 (1)名大工)○鈴木秀士1)
3H11 三脚型単一分子をAFM 探針とした局所的相互作用検出と触媒表面への応用 (1)阪大基礎工、2)JST-さきがけ、3)東工大理工、4)ペンシルバニア大)○福井賢一1)2),高松大郊3),三輪剛資3),竹中正浩1),山越葉子4)

 


ソフトナノテクノロジー部会セッション
「生体表面の計測と分析」

日時:10月27日(火)13:30〜16:30
会場:C会場(2F福寿)

  講演タイトル 所属・講演者
1C23 Introductory Talk (1)分子研、2)横国大)宇理須恒雄1),○荻野俊郎2)
1C24 細胞表面と細胞骨格:その連結性と強度測定 (1)東工大生命理工)○猪飼篤1)
1C26 SPM による細胞の多彩な力学応答の観察 (1)北大理)○川端和重1)
1C28 機能性分子修飾ナノ針を用いた細胞内解析技術の開発 (1)産総研セルエンジニアリング、2)東京農工大院工生命工)○中村史1)2)
1C30 アルゴンクラスターSIMS によるタンパク質分子の非解離計測 (1)兵庫県大工)○持地広造1)
1C32 2 次イオンで観るソフトマテリアルの表面・界面 (1)京大工)○松尾二郎1)
1C34 蛍光1 分子追跡法による酸化物表面上支持脂質二重膜内での分子拡散挙動のその場観察 (1)分子研、2)総研大、3)北大低温研、4)名大院工)○手老龍吾1)2),佐崎元3),宇治原徹4),宇理須恒雄1)2)

 


表面分析部会セッション
「表面分析の現在:基盤技術から標準化まで」

日時:10月27日(火)13:30〜16:30
会場:D会場(2F桃源)

講演者 講演タイトル 所属
1D23 AES/XPS による表面分析の現状と標準化 (1)アルバック・ファイ)○鈴木峰晴1)
1D25 ラボ用高エネルギーXPS の開発 (1)物材機構、2)アルバック・ファイ、3)高輝度光科学セ、4)奈良先端大)○岩井秀夫1),小畠雅明1),山瑞拡路2),田中彰弘2),鈴木峰晴2),池永英司3),松田博之4),大門寛4),田沼繁夫1),小林啓介1)
1D27 TOF-SIMS における表面分析の進展 (1)三菱化学科技研)○阿部芳巳1)
1D29 極低加速電圧SEM による材料観察の進展 (1)JFE テクノリサーチ)○橋本哲1),櫻田委大1)
1D31 電子分光用電子輸送シミュレータの現状 (1)阪大院工)○永富隆清1)
1D33 Shave-off 分析における二次イオン収率の検討 (1)東理大総研機構、2)東理大理工、3)東大生研、4)東大環セ)○野島雅1)2)3),池端由基2),井本智博2),藤井麻樹子3),尾張真則3)4),二瓶好正2)
1D34 弾性散乱ピーク強度比を用いた金属元素における 200 - 5000 eV のIMFP と SEP の同時推定 (1)物材機構共用基盤、2)物材機構ナノ計測、3)産総研中部)○田沼繁夫1),吉川英樹2),後藤敬典3)