第31回表面科学講演大会
ソフトナノテクノロジー 研究部会 セッション

60名以上の聴講者をむかえ、活気のある研究会になりました。
講師の先生方、参加者の皆様、ありがとうございました!

第31回表面科学講演大会

表面・界面における水の挙動と役割
2011年12月15日(木) (14:00〜16:50) 【タワーホール船堀】

13:30 - 14:00 【学術講演会招待講演】水界面における高分子の構造と物性
         田中 敬二 (九大工)

14:00 - 14:30  生体適合性高分子表面の構築における界面水の役割
         高井 まどか (東大工)

14:30 - 15:00 水-高分子界面のモデル化と高分子鎖のシミュレーション
         森田 裕史 (産総研ナノシステム)

15:00 - 15:15  <休憩>

15:15 - 15:45 抗タンパク吸着特性・血液適合性を有する単分子膜とそのメカニズム:
        界面水分子の役割について

         林 智広 (東工大総理工・理研基幹研)

15:45 - 16:15 脂質二重膜上に形成された水和構造の3次元AFM観察
         福間 剛士 (金沢大FSO)

16:15 - 16:45 高分解光学系で見る氷結晶の分子ステップと表面融解
         佐崎 元 (北大低温研・JST-さきがけ)


 世話人:高井 まどか (東大工)
      手老 龍吾 (豊技大EIIRIS)
 部会長:荻野 俊郎 (横国大工)

[会場へのアクセスはこちら]


[部会トップページ] [日本表面科学会]