第35回表面科学学術講演大会
ソフトナノテクノロジー 研究部会 セッション

第35回表面科学学術講演大会

ナノデザイン表面に基づく生体機能の再構成
2015年12月1日(火) (9:00〜12:00) 【つくば国際会議場】

         < 依頼講演一覧 >

         Biomimetic Biofilm としてのNano-Suit:生態観察の革新的手法
          下村 政嗣 (千歳科学技術大)

         ブロックポリマーを用いたナノドメイン構造表面への細胞接着機構解析
          高井 まどか (東京大)

         オンチップ・セロミクステクノロジー:
         ソフトナノテクノロジーを用いた構成的細胞ネットワーク技術の生命科学研究,
         創薬支援技術から早期医療,診断応用まで

          安田 賢二 (東京医科歯科大)

         単鎖DNA−ポリエチレングリコール−脂質複合体を用いた細胞表面工学と
         支持脂質二分子膜によるモデル化

          有馬 祐介, 岩田 博夫 (京都大再生医科学)

         表面マイクロ改質技術を活用した培養神経細胞/回路の構造制御
          山本 英明 (東北大・JST-CREST)

         パターン化脂質膜とナノ空間を融合した新規人工生体膜の創出
          森垣 憲一 (神戸大)


※詳細なプログラムはこちら


 世話人:平野 愛弓 (東北大)
      手老 龍吾 (豊橋技科大)

[会場へのアクセスはこちら]


[部会トップページ] [日本表面科学会]