最終更新日 2007年12月 12日

ソフトナノテクノロジー研究部会
3月ワークショップ

Division of Soft-Nanotechnology


更新情報

    3月ワークショップ

       主題「表面ソフトナノテクノロジー」     

    3月12日(月) 東京工業大学すずかけ台キャンパス
            すずかけホール集会室 地図 (印刷用)  参加費無料

              プログラム(印刷用)[要旨集]

    10:00-10:05 あいさつ  研究部会会長 猪飼 篤(東京工業大学)
     
    10:05-10:50 小林 力氏(田辺製薬社)(依頼)
    「注目されてきたイオンチャネル:自動パッチクランプ装置と製薬企業」 [要旨]
    10:50-11:35 富永真琴氏(自然科学研究機構・統合バイオサイエンスセンター)(依頼)
    「温度受容の分子機構」[要旨]
    (休憩)5分
    11:40-12:00 松本卓也氏(大阪大学産業科学研究所)
    「周波数シフトSPMを用いたバイオ分子識別と認識」[要旨]
    12:00-12:20 平野愛弓氏(東北大学電気通信研究所)
    「表面赤外分光法を用いた抗原抗体反応の非標識検出」 [要旨]
    (昼食)1時間
    13:20-14:05 森田裕史氏(東京大学工学部)(依頼)
    「高分子薄膜表面のナノレオロジーシミュレーション」[要旨]
    14:05-14:25 高原 淳氏(九州大学先導研究所)
    「精密高分子合成技術を用いたソフトナノインターフェースの創成」[要旨]
    14:25-14:45 岡嶋孝治氏、徳本洋志氏(北海道大学ナノテクノロジー研究センター)
    「AFMによる1分子・細胞のレオロジー測定」[要旨]
    (休憩)25分
    15:10-15:30 影島賢巳氏(大阪大学工学研究科)
    「単一生体分子鎖の平衡/非平衡ダイナミクスと粘弾性応答」[要旨]
    15:30-16:15 中村 史氏(産総研)(依頼)
    「原子間力顕微鏡を利用した細胞へのDNA注入」[要旨]
    16:15-16:35 大島義文氏(東京工業大学大学院総合理工学研究科)
    「金属ナノギャップ間にあるフラーレン単分子の構造と電気伝導の顕微研究」[要旨]
    16:35-16:55 関口博史氏(東京工業大学大学院生命理工学研究科)
    「表面吸着タンパク質研究と測定方法の標準化」[要旨]
     
    16:55-17:00 閉会の辞  研究部会副会長 宇理須 恒雄(分子科学研究所)


    一般講演募集中 締め切りました

     無機固体表面、有機物表面、生体表面、分子表面などさまざまな表面を足場として有機・高分子・バイオマテリアルなどソフトマテリアルを対象としたナノテクノロジーに関する話題を中心に議論し、このような分野の将来について意見を交換することを目的としたいと思っておりますので、未完成の研究、アイデアの発表なども気兼ねなくご応募ください。

     応募の仕方:e-mailないしはファクスで下記まで、講演者ご氏名、講演題目、20分講演(質疑5分を含む)を希望か、30分講演(質疑5分を含む)を希望かをお知らせください。


トップへ



日本表面科学会へ