公益社団法人 日本表面科学会

» English

第4回表面科学専門技術者資格認定試験 2015.9 東京

    

        第4回表面科学専門技術者資格認定試験のお知らせ

 

1.表面科学専門技術者資格とは
  表面科学専門技術者(Surface Science Professional Engineer: SSPE)資格は、特定の分析手法や
  解析手法に関して高い専門的知識と技能を有し、自立的に未知試料などの分析・解析を実行できる
  能力を有することを認定するものです。
  SSPEの受験条件は、当該手法に関する3年間の実務経験(分析・解析、開発、研究、教育など)が
  必要です。
  資格認定試験合格者には認定証および認定カードを授与し、氏名、所属を会誌および本会web上で
  公表します。

2.受験資格   年齢、学歴による制限はありません。
                 下記の2次試験科目に記載の分析・解析手法のなかで受験しようとする科目
                 に関して、3年以上の実務経験(分析・解析、開発、研究、教育など)を
                 有することが必要です。
                 なお、表面科学技術者資格を有している方は、1次試験を免除します。

3.試験の方法    試験は、表面科学技術者資格認定試験に相当する1次試験(60分)の
                    ほか、2次試験として、下記の試験科目のうちの一つに関する論述式の
                    筆記試験(90分)、受験者によるプレゼンテーション(10分)および
                    それに関連した口頭試問(20分〜30分)によって行います。
                    プレゼンテーションは、受験者自身が行った解析例、解析手法、装置等
                    に関するもので、使用するスライド(Power Point ファイルなど)は
                    提出締切日(試験日より3週間以上前)までに提出していただきます。
                    理工系の大学1年生にも理解できるわかりやすいプレゼンテーションが
                    求められます。
                    また、別紙「SSPEとして求められる知識及び技能」(ホームページに掲載)
                    を踏まえた内容が求められます。
                    但し、機密事項に関する発表・解答(例えば材料等の詳細や試料調整法
                    等)は求めません。2次試験の配点は筆記試験40%、プレゼンテーション
                    20%および口頭試問40%です。

4.2次試験科目   次の科目(分析・解析・実験・理論手法など)の中から1つを選び、
                    それに関する基礎的・専門的知識および技能、さらにプレゼンテーション等の
                    コミュニケーション能力を試験します。
                  ① 電子顕微鏡(TEM, SEM等)
                  ② EPMA
                  ③ 表面顕微鏡
                  ④ X線回折
                  ⑤ 電子回折
                  ⑥ EBSD(後方散乱電子回折)
                  ⑦ SPM
                  ⑧ AES
                  ⑨ XPS
                  ⑩ UPS
                  ⑪ D-SIMS
                  ⑫ S-SIMS
                  ⑬ イオン散乱
                  ⑭ FEM, FIM, AP
                  ⑮ 振動分光
                  ⑯ 薄膜成長(PVD, CVD, 電気化学的手法等)
                  ⑰ シミュレーション・理論計算
                  ⑱ 表面分析装置(設計・製作)

5.試験の日時・試験会場
    期  日 : 平成27年9月26日(土)
    時  間 : 1次試験  9:30〜10:30
                            (受付開始9:00、試験開始15分前に着席のこと)
             2次試験  論述式筆記試験 11:00〜12:30
                            (受付開始;10:30、試験開始15分前に着席のこと)
             プレゼンテーションおよび口頭試問 14:30〜
                            (各受験者当たり30〜40分間)
    試験会場 : 東京大学山上会館001、002会議室
           東京都文京区本郷7-3-1    TEL 03-5841-2320
         (地下鉄丸の内線および大江戸線「本郷三丁目」駅、地下鉄千代田線「根津」駅、
          地下鉄南北線「東大前」駅)
           http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

6.受験料(認定料含む)(消費税を含む)

    申 込 資 格      受験料

   表面科学会正会員   25,000円
  表面科学会維持会員  25,000円
  表面科学会賛助会員  25,000円
  表面科学会学生会員  10,000円
  第57,58,59回表面科学基礎講座受講者  20,000円
  第16回薄膜基礎講座受講者       20,000円
  第6回表面科学ベーシック講座受講者   20,000円
  学生(非会員) 15,000円
  その他     50,000円
  第1,2,3回専門技術者資格認定試験受験者   半額

7.申込締切    平成27年7月23日(木) 
                   プレゼンテーションファイル提出締切:平成27年9月3日(木)
                  なお、ファイルは試験終了後、消去いたします。

8.申込方法    終了しました

****************************************************************************
実務経験の記述例

実務経験略歴
  1.〇〇大学大学院工学研究科材料工学専攻修士課程にて、TEMを使った準結晶の構造解析研究に
    従事(2000年〜2002年)
  2.(株)〇〇研究開発部門にて、TEMを用いて無機材料・デバイスの組織構造解析に従事
    (2002年から2005年)
  3.同部署にて、TEMに加え、SIMSを用いて不純物分布解析などに従事(2005年〜現在)

アピールポイント
  デバイスや薄膜材料の評価に関し、構造、組成、電気的特性の観点から総合的な分析・解析経験を
  持ち、未知試料の物性評価やデバイスの故障解析などを総合的に行うことができる。特にTEM,SIMS
  に関して豊富な経験を持つ。
****************************************************************************

9.払込方法
   (1) 申し込みを受け付け次第、受験料振込用紙をお送りします。
   (2) 振込用紙の半券をもって領収書に替えさせていただきます。
   (3) 勝手ながら受験料の払い戻しは行いません。
   (4) 払込期限は平成27年8月7日(金)です。

10.受験票   受験料入金を確認後、受験票をお送りします。

11.試験日に持参するもの
   試験当日は、送付された受験票、筆記用具の他に本人確認のための写真付身分証明書
   (運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等)をご用意ください。

12.合格発表   
   1次試験の得点が70%以上であり、かつ2次試験は筆記試験、プレゼンテーション
   および口頭試問を総合して、70%以上の得点をもって合格とし平成27年10月中に
   合否を伝えます。
   認定証は平成27年12月に開催される本会学術講演会時に会長より授与します。
   なお、学術講演会に参加できない場合は郵送いたします。
   なお、1次試験のみ70%以上の得点がある場合、表面科学技術者資格を授与します。

公益社団法人 日本表面科学会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレーション402
電話 03-3812-0266 FAX : 03-3812-2897
E-mail :  shikaku@sssj.org
URL:  http://www.sssj.org
 

「SSPEとして求められる知識と技能」についてはこちらをご覧下さい。

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan