公益社団法人 日本表面科学会

» English

第3回社会人のための表面科学ベーシック講座

主催

公益社団法人 日本表面科学会

開催日

2012年9月20日(木)〜2012年9月21日(金)

締切日

2012年09月14日

会場

早稲田大学国際会議場 3F第1会議室
東京都新宿区西早稲田1-20-14
JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅 徒歩20分
地下鉄東西線 早稲田駅 徒歩10分

プログラム

 本講座では,大学で表面科学の基礎を学ぶ機会を逸した方やもう一度基礎から学び直したい方を主な対象として,表面がなぜ重要なのかを大学学部レベルの基礎知識をもとに解きほぐして解説します.
 今日,産業に密接に関わりながら表面が重要な役割を果たす領域はきわめて広範にわたっています.たとえば,触媒,電極・電池,半導体,吸着剤,センサー,光学材料,磁性材料,摩擦・潤滑剤,コロイド,化粧品,印刷などは表面の理解や制御がなくしては成り立たず,環境,資源,エネルギーの地球規模の諸問題では表面がますます重要になってきています.本学会ではこれまで,表面・界面分析の初心者、若手研究者、技術者を対象として、目覚ましく進歩を続ける表面・界面分析の基礎と応用を解説する基礎講座を毎年開講してきました.しかし,技術の背景にある物理的・化学的基礎を学ぶ機会は限られています.
 本講座では,固体物理などの専門的知識を前提とせず,表面での電子状態と表面を舞台とした分子の吸着・脱離を学べるカリキュラムを用意して,基礎講座と相補的な基礎知識を学んでいただきます.

月日
時  間
講  義  題  目
講   師
9月20日(木) 10:00〜11:10 表面科学概論 福井賢一(阪大院基礎工)
11:20〜12:30 表面の構造 福井賢一(阪大院基礎工)
12:30〜13:30 (昼食)       
13:30〜14:40 表面の電子状態 木口 学(東工大院理工)
14:50〜16:00 表面の電子状態 木口 学(東工大院理工)
16:10〜17:00 演習Ⅰ 木口 学、福井賢一
9月21日(金)  9:30〜10:40 電子論と吸着モデル 木口 学(東工大院理工)
10:50〜12:00 分子の表面拡散と脱離 福井賢一(阪大院基礎工)
12:00〜13:00 (昼食)       
13:00〜14:10 表面における吸着・脱離平衡 福井賢一(阪大院基礎工)
14:20〜15:10 演習Ⅱ 福井賢一、木口 学
15:20〜16:30 表面の電子状態と触媒活性 福井賢一(阪大院基礎工)

ベーシック表面化学」岩澤康裕、中村潤児、福井賢一、吉信 淳 共著、化学同人 ¥3,800(税別)
(http://www.kagakudojin.co.jp/book/b62860.html)を教科書として講義を進めます。教科書は受講料に
含まれ事前に送付されます
。当日は補助的な資料を配布しますが、教科書は必ずご持参ください

 

参加定員

100名(定員に達し次第〆切ります)

費用

申 込 資 格
受 講 料
表面科学会正会員    
20,000円  
表面科学会維持会員    
20,000円  
表面科学会賛助会員    
25,000円  
協賛学協会会員    30,000円  
表面科学会学生会員       
7,000円  
学生(非会員)    
9,000円  
その他    
35,000円   

(教科書代、配布資料代、消費税を含む)

※本申込みによって教科書購入をされない場合には、下記のように申込の備考欄に記入の上、
表中の各金額から教科書代4,000円(送料含む)を差し引いた金額をお振込みください。
 

申込方法

終了しました

支払方法

(1)申し込みを受け付け次第、振込用紙をお送りします。   
     受講者一名につき必ず一枚の振込用紙をご使用下さい。
(2)振込が確認されてから,連絡先住所に教科書をお送りします。
(3)振込用紙の半券をもって領収書に替えさせていただきます。
(4)勝手ながら受講料の払い戻しは行いません。
     ご都合の悪くなった場合には、代理の方の受講をお願いします。

 

協賛

日本物理学会, 応用物理学会,日本分析化学会,電気化学会,表面技術協会,電気学会,
日本材料科学会,日本顕微鏡学会,日本真空学会,日本材料学会,日本機械学会,
日本トライボロジー学会,日本金属学会,日本セラミックス協会,日本分析機器工業会,
日本放射光学会,日本真空工業会,(交渉中)
 

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan