公益社団法人 日本表面科学会

» English

日本表面科学会 第86回表面科学研究会 日本真空学会2016年1月研究例会 「ナノトライボロジー:現在と未来」

主催

公益社団法人日本表面科学会,一般社団法人 日本真空学会

共催

公益社団法人日本表面科学会 摩擦の科学研究部会・関東支部

開催日

2016年1月22日(金)

締切日

2016年01月22日

会場

東京大学理学部 化学館(化学本館)5階講堂

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

地下鉄 丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅、南北線「東大前」駅、

千代田線「根津」駅下車 徒歩約10分

アクセスマップ: http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map07.html

プログラム

摩擦に関する研究は,環境・エネルギー問題から医療技術まで幅広い分野と密接にかかわっているため,重要で緊急性の高い社会的課題です。身近な摩擦現象を理解することや,新しい摩擦現象を見つけるためには,マクロな視点での研究だけではなく原子や分子スケールからのアプローチが有効であることがこれまでの表面研究,ナノトライボロジーの研究からわかってきました。一方,摩擦現象は摺動部からエネルギーが散逸していく過程ですので,摩擦をいかに制御するかは産業上の観点からも重要です。摩擦で失われるエネルギーは国民総生産(GNP)の数%,十数兆円に上がるという試算もあり,摩擦の低減は省エネルギー問題に大きく寄与するため今後のナノトライボロジーが解決すべき重要なテーマでもあります。本研究会では,これまでの各分野でのナノトライボロジー研究の現状と将来期待される研究,展望を先生方にご紹介していただきき,今後,表面・真空に関わる研究者の方々に役立ててもらえるように企画しました。

プログラム

10:30〜10:35 開会の挨拶(日本表面科学会 企画委員会委員長)本間 芳和

10:35〜11:15 マイクロ・ナノトライボロジーの研究動向産業技術総合研究所)三宅 晃司

11:15〜11:55 超潤滑・剥離・接着の科学(愛知教育大学)三浦 浩治

11:55〜13:00 昼食

13:00〜13:40 固体表面間における液体超薄膜の構造と摩擦・潤滑特性(花王株式会社)山田 真爾

13:40〜14:20 固液界面におけるイオン環境の構造とダイナミクス兵庫県立大学)鷲津 仁志

14:20〜15:00 ナノ厚さ液体膜のトライボロジー計測(名古屋大学)福澤 健二

15:00〜15:15 休憩

15:15〜15:55 ナノスケール滑りのダイナミックス (電気通信大学)鈴木 勝

15:55〜16:35 原子スケール摩擦を用いた原子種の同定(東京大学)川勝 英樹

16:35〜17:15 表面・界面摩擦をナノスケールで見て制御する〜理論と実験の協働から(電気通信大学)佐々木 成朗

17:15〜17:20 閉会の挨拶(日本真空学会講演・研究会企画委員会委員長)中村 健

詳細はこちら

 

 

 

参加定員

100名

費用

当日会場にてお支払ください

日本表面科学会会員,日本真空学会会員   2,500円(予稿集代を含む)

非会員                  3,500円(予稿集代を含む)

学 生                  無  料(予稿集代1,000円)

申込方法

終了しました

備考

公益社団法人 日本表面科学会   TEL 03-3812-0266  FAX 03-3812-2897

e-mail: shomu@sssj.org URL http://www.sssj.org/

一般社団法人 日本真空学会     TEL 03-3431-4395  FAX 03-3433-5371

   e-mail:ofc-vsj@vacuum-jp.org URL http://www.vacuum-jp.org

過去のサイトはこちら »

日本表面科学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 本郷コーポレイション402 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2011- The Surface Science Society of Japan